虫歯は自然には治りません

お口に、こんな症状はありませんか?

虫歯は自然には治りません

これらの症状がある場合、虫歯になっている可能性があります。虫歯は、風邪や腹痛などと違って、ガマンしたり様子を見たりしているうちに治ることはありません。放っておくと症状はどんどん進行してしまいます。上記のような症状に気づいたら、できるだけ早くご来院ください。

虫歯を放置する危険性

虫歯を放置すると、はじめは表面近くだけだった感染が徐々に内側に進行していき、最終的には歯根にまで達してしまいます。そうなると、その歯はもう残すことはできません。また歯根の先に炎症が起きると、歯だけでなく体にまで菌がまわり、全身疾患を引き起こしてしまうこともあります。

歯は、一生を共にする大切なパートナー。いつまでも自分の歯で毎日の生活を楽しみ、健康で暮らしていくために、虫歯を放置しないようにしましょう。

To Page top

初期の虫歯は再石灰化で治しましょう

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出すことによってはじまります。酸によって歯からカルシウムやリンが溶け出す「脱灰」が起こり、徐々に表面のエナメル質が溶かされていくのです。

しかし、エナメル質が溶かされて虫歯ができてしまっても、ごく初期であれば再石灰化によって治癒させることができる場合があります。再石灰化とは、歯から溶け出したカルシウムやリンが歯に戻ること。だ液の分泌を促したり、フッ素やキシリトールを効果的に用いたりすることで、再石灰化を促し虫歯の進行を食い止めましょう。

To Page top

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

「歯がしみる」「痛い」と感じるとき、それは必ずしも虫歯が原因ではないこともあります。その場合、考えられる代表的なものが「知覚過敏」。何らかの原因によって歯の表面のエナメル質が薄くなり、神経に近い内側の象牙質が表に出ることによって、刺激を受けやすくなる状態のことです。

知覚過敏は一時的な症状で済むこともありますが、長く続く場合には適切な治療が必要です。当院では高周波治療のほか、歯科用プラスチックなどの歯科材料によるカバーといった方法で症状を軽減させていきます。「虫歯ではないから」と放置せず、一度当院にご相談ください。

To Page top

虫歯になる前にまずは予防に努めましょう予防について詳しくはこちら