歯が抜けてもインプラントがあります

歯が抜けてもインプラントがあります

歯を失ってしまったときの治療として、従来は入れ歯やブリッジが用いられてきました。しかし近年では、入れ歯やブリッジがもつ咬み心地の不満やまわりの歯への負担といったデメリットを払しょくする治療として、インプラント治療が注目を集めています。

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復する治療のこと。インプラントと顎の骨がしっかり結合するしくみによって、天然歯と変わらない咬み心地がよみがえります。また、セラミック製の美しい人工歯によって見た目もとても自然。多くの方に選ばれています。

こういう方にインプラントはおすすめ

以下のことに覚えはありませんか?

以下のことに覚えはありませんか?

これらにあてはまる方には、インプラント治療がおすすめです。インプラント治療について詳しくは、お気軽に当院までご相談ください。

To Page top

当院のインプラントが安全な理由

理由1: 院長は、日本歯科先端技術研究所認定インプラントフェローです

理由1: 院長は、日本歯科先端技術研究所認定インプラントフェローです

当院院長は、厚生労働省認可(社)日本歯科先端技術研究所が認定する、インプラントフェロー(専門医)です。インプラントフェローとは、専門のカリキュラムを経て高度な知識や技術を習得した者に与えられる称号です。

理由2: 国産のインプラントを使用しています

理由2: 国産のインプラントを使用しています

世界的に有名なインプラントメーカーの製品を取り扱っている医院はたくさんありますが、海外メーカーのインプラントは、もともと外国人の骨格に合わせてつくられているため、厳密には日本人向きではないといえます。そのため、当院では日本人の骨格に合わせてつくられた国産のインプラントを採用しています。

理由3: 正確な診査診断に基づく治療をご提供します

理由3: 正確な診査診断に基づく治療をご提供します

インプラント治療では、あらかじめインプラントを埋め込む部分の顎の骨の状態をしっかり把握しておくことが必要です。そこで当院では、歯科用CTを用いて顎の骨量や厚み、またそのまわりの神経や血管の位置までのデータを正確に取得することで、精密な診断に活かしています。

また、歯科用CTで得たデータによって、コンピューター上でインプラント治療のシミュレーションを行うことができ、治療の正確性を格段に高めることができます。
※CT撮影は提携医院にて行っています。

To Page top

インプラントのメリットデメリット

メリット デメリット
  • 天然歯に近い咬み心地、見た目を取り戻せる
  • 咬み合わせが整い、食べ物を選ぶことなく食事を楽しむことができる
  • まわりの健康な歯に負担をかけない
  • 咬む力が顎の骨に伝わり、骨がやせるのを防ぐ
  • メインテナンス次第で、長期的に使い続けることができる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 定期的にメインテナンスが必要
  • 自費診療となるため、比較的費用が高額になる
  • 全身疾患との兼ね合いによって、適応できないケースがある

To Page top

インプラント治療の流れ

STEP1

インプラントを埋める部分の歯肉を切開して、顎の骨を露出させます。
STEP2

STEP2

顎の骨にインプラントを埋め込む穴をドリルであけます。
STEP3

STEP3

あけた穴にインプラントを埋め込みます。
STEP4

STEP4

インプラントの頭の部分すべてを骨の中におさめて、歯肉で覆い縫合します。
STEP5

STEP5

しばらく期間をおき、インプラントと顎の骨が結合したら再び歯肉を開きます。そして人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。
STEP6

STEP6

歯肉の傷が治癒するのを待って、アバットメントに人工歯を装着し、治療完了となります。

患者様の声

患者様の声01

インプラントをしてから、食べ物が入れ歯の時より美味しく食べられるようになりました。ありがとうございました。
 

患者様の声02

最初は歯のないところに柱?みたいなものを入れるなんて不安でしたが、先生やスタッフの皆さんが親切丁寧に説明してくれて、無事にインプラントを入れることができました。食事が楽しくなりました。

患者様の声03

私は以前は入れ歯を使用していましたが、インプラントは入れ歯みたいにいちいちはずして洗わなくていいし、何より入れ歯の引っかけるバネがなくなったので見た目もよくなり、すごく快適に過ごせています。ありがとうございました。

To Page top

インプラント以外の選択肢として、入れ歯があります詳しくはこちら