乳歯は虫歯になりやすいんです

乳歯は虫歯になりやすいんです

お子さんの歯は、大人の歯に比べて虫歯になりやすいことをご存じですか? 実は、乳歯は表面のエナメル質や内側の象牙質の厚みが、それぞれ永久歯の半分程度しかありません。また、歯を再石灰化させる力も弱いため、虫歯が発症・進行しやすいのです。

そのため、お子さんの歯のケアは大人以上に注意が必要です。まだ自分自身でしっかりケアができないお子さんの歯を守ってあげられるのは親御さんだけ。大切な乳歯を虫歯にしないために、しっかり管理してあげましょう。

虫歯はお母さんからうつることがあります

虫歯はお母さんからうつることがあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。では、なぜお子さんに虫歯ができてしまうのでしょうか。実は虫歯菌は、お母さんなどの身近な大人からうつってしまうことがあるのです。

虫歯菌は、コップやお箸、スプーンといった食器の使いまわしや愛情表現のキスなどによって赤ちゃんにうつってしまいます。虫歯菌をうつさないようにするためには、食器を使い分けるのはもちろん、身近な大人のお口の中から虫歯菌をなくしておくことも大切です。毎日のブラッシングはもちろん、定期検診でしっかりお口の健康管理を行っていきましょう。

To Page top

歯医者に通うタイミング

歯医者に通うタイミング

「子どもをどのタイミングで歯医者に連れて行けばいいですか?」というご質問をいただくことがあります。確かに、お子さんが痛がったり、明らかに歯に黒い部分が見えたりしないかぎり、歯医者に通うタイミングをはかるのは難しいかもしれません。

しかし、悪いところができるのを待っていては手遅れになってしまうこともあります。以下のタイミングを目安にして、定期検診に連れてきてあげてください。

タイミング1
歯が生えはじめたとき
タイミング2
固形物を食べはじめたとき
タイミング3
永久歯が生えてきたとき
永久歯に比べてやわらかい乳歯。生えはじめはとくにやわらかい状態です。歯が生えてきたら虫歯に注意。一度、定期検診に連れてきてあげてください。 固形物を食べはじめると、どうしても食べカスが歯にはさまりやすくなります。正しいケアを身につけるためにも、検診を受けさせてあげましょう。 永久歯の奥歯は、溝が深いため虫歯になりやすい歯。とくに注意が必要です。溝をあらかじめ埋めてしまうシーラントという予防処置もありますので、ご相談ください。

To Page top

小児歯科処置方法紹介

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんのうちから正しいブラッシング習慣を身につけることは、大切なこと。一人ひとりのお子さんのお口の状態に適したブラッシング方法を指導します。親御さんには仕上げみがきのコツをお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果をもつフッ素を、歯の表面に塗布して虫歯を予防する処置です。ごく初期の虫歯であれば、これによって治癒が見込めるケースもあります。定期的に行うことで、予防効果が高まります。

シーラント

シーラント

生え替わったばかりの永久歯の奥歯には深い溝があり、虫歯になりやすくなっています。そこでその溝を歯科用プラスチックで埋め、虫歯を予防する処置です。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

まれに、通常の本数より多く歯が生えることがあります。多くの場合歯並びを乱してしまう原因になるため、抜歯が必要です。不自然な場所に生えている歯がある場合には、一度ご相談ください。

To Page top

お子さんの歯についてもっと詳しく知りたいという方は、お気軽に当院までご相談ください。