重度の虫歯は根から治します

重度の虫歯は根から治します(1)

虫歯が重度にまで進行してしまった場合、従来、その歯は抜かなくてはなりませんでした。しかし、歯は一旦抜いてしまうともう元に戻すことはできないうえに、できたスペースに隣の歯が移動することで歯並びを乱してしまうこともあります。お口全体のバランスや健康を維持するためにも、歯はできるだけ残したほうがいいのです。

重度の虫歯は根から治します(2)

そこで、重度の虫歯を抜かずに残すための治療として、近年では「根管(こんかん)治療」が行われています。根管治療とは、歯の中をとおる「根管」という細い管から虫歯菌に冒された神経などを取り除き、消毒して薬剤を詰める治療のこと。複雑な構造をしている根管を扱うためとても難しい治療になりますが、これを確実に行えば歯を残すことができるのです。

根管治療の重要性

根管治療の重要性

根管治療は、よく建築における基礎工事にたとえられます。どんなに立派な家を建てても、基礎がしっかりしていない場合はその家がすぐに倒れてしまうのと同じように、その上の歯が長持ちできるかどうかは土台の治療、すなわち根管治療の精度に大きく影響するのです。

根管治療は目に見えない部分を扱う難しい治療であるため、確実に行えていないと再治療が必要になったり、結果的に歯を残せなくなってしまったりするケースも少なくありません。当院では、根管治療において豊富な治療実績を持っていますので、安心してご相談ください。

To Page top

根管治療の流れ

STEP1
感染した神経・血管の除去
STEP2
根管の形成・長さの測定
STEP3
根管の拡大・洗浄
感染した神経・血管の除去 根管の形成・長さの測定 根管の拡大・洗浄
STEP4
薬剤の充填・密封
STEP5
土台の構築
STEP6
被せ物の装着
薬剤の充填・密封 土台の構築 被せ物の装着

To Page top

重度の虫歯になる前に、しっかりと予防しましょう予防について詳しくはこちら